手話を必要とする仕事内容

福島県でも今、いろいろなアルバイトについて、人手不足が目立ってきています。2011年に発生した、東日本大震災の影響もあり、以前から人手が足りていないことはわかっていましたが、最近になってその傾向が露骨になってきています。特に、建設業や小売業などで深刻な状況になっており、シニア世代の起用にも積極的に取り組んでいます。そんな中、手話を必要とする仕事に関しても、人手不足に悩まされています。生まれつき、聴力に障害をもった人や、不幸にして事故で聴力を失った人が頼りにするものですから、必要不可欠な存在であることは、間違いないといえます。近隣からの人材が無理であるならばと、他県からの人材確保も視野に入れて募集をかける会社も出てきています。このようなある意味特殊な技能を持った人材の確保は、大きな課題であるということができます。国家や自治体も民間企業任せにするのではなく、必要な措置を講じることが求められます。